在留カード情報の管理不足による 不法就労のリスク

皆様こんにちは。ビザマネセールスチームです。

不法就労で書類送検されるようなニュースが増えています。今回は、不法就労のリスクを防ぐための在留カード管理についてお伝えします。

目次

▶不法就労助長罪にあたるものは?

▶在留カード情報の管理不足は、不法就労助長罪のリスク大

▶工数を90%削減し、リスクを抑えられる方法

 

不法就労助長罪にあたるものは?

不法滞在者や被退去強制者が働くケース

⇒(例)在留期限が切れて働く

出入国在留管理庁から働く許可を受けていないのに働くケース

⇒(例)観光等短期滞在目的で入国した人が働く、留学生や難民認定申請中の人が許可を受けずに働く

出入国在留管理庁から認められた範囲を超えて働くケース

⇒(例)留学生が許可された時間数を超えて働く

 

不法就労助長罪で摘発されるケースが増えています。

(例)大手外食チェーン

・週28時間超えにより社長ら書類送検

(例)人材派遣会社

・在留期限切れにより社長ら書類送検

 

外国人を採用するに必要な「在留カード情報」の確認事項

□在留カードの期限が切れていないか

□留学生等であれば在留カードの裏面に「資格外活動許可」のスタンプがあるかどうか

□ホログラムがついているかどうか

 

雇用してから必要な「在留カード情報」の管理事項

□在留カードの期限が切れていないか確認

□在留カードの更新をスタッフ本人へ促すこと

□更新した在留カード情報を再度確認すること

 

これらが管理できていない⇒不法就労助長罪のリスク大

今までの項目にチェックが1つでも欠けてしまうと、不法就労助長罪に科せられる危険性があります。

労務管理、きちんとできていましたか?

 

工数を90%削減し、不法就労助長罪のリスクを抑えられる方法

こんな沢山の情報、管理しきれない!!不法就労助長罪が心配!

雇用する外国人が増えれば増えるほど管理は大変になってしまう…

そんな企業様や担当者様のお声を形にしたサービスが「ビザマネ」です。

《ビザマネの機能一覧》

・在留カードの自動回収

・在留カード情報の自動テキスト化

・登録時に「法務省入国管理局在留カード番号失効情報照会」での在留カード失効情報チェックの

自動取得

・登録時に入管法に基づいた誓約書の自動回収

・外国人雇用状況届出書の自動出力

・在留期限自動アラート発信     など

こんな企業様/担当者様にオススメ!

・外国人採用をスタートしたが、労務管理に不安がある。

・多店舗展開、外国人採用人数が増えてきた。

・人の手で管理するのは限界がある、不安。

・不法就労助長罪のリスクが心配だ。

 

●この記事を読んだ人が読んでいる記事

⇒不法就労の可能性、ありませんか?対策しておくべき4つのこと

 

Comments are closed.