不法就労助長罪のリスク防止!ビザマネが防げるリスクをご紹介

こんにちは。ビザマネセールスチームです。

今回は弊社サービス「ビザマネ」を導入することでどんなメリットがあるのかをお話します!

まず一つ目が、

外国人スタッフの在留期限が迫るとアラートがでます。

したがって期限切れのまま働かせてしまうケースを防ぐことができます。

そして次に、

入館管理局が許可している範囲を超えた労働を防ぐことができます。

例えば、飲食店でのホール業務として「技術・人文知識・国際」として在留が許可された人は働くことができません。

在留カードの種類や、資格外活動許可によって認められた活動をしっかりとチェックすることができます。

 

これらのリスクが防止できることにより、

不法就労助長罪のリスクを防ぐことにつながります。

在留カードのチェックをきちんとせずに、働かせてはいけない人を働かせていた場合は、

懲役3年、罰金300万円以下の罰則が科せられる可能性があります。

一方で、外国人アルバイトを一人一人正しく管理することは非常に大変です。

そこで、私たちビザマネをご活用いただき、企業が抱えるリスクを少しでも減らすことに貢献したいと考えています。

詳しい内容やご質問がございましたら、こちらまでご連絡くださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です