機能のご紹介

在留カードの偽造チェック

在留カードの偽造チェック

在留カード内のICチップ情報を基に偽造チェック!

携帯端末に在留カードをかざすだけで、在留カード内に埋め込まれているICチップ情報を読み取ることができます。アプリ上でICチップ情報が表示されるため、今まで判別が難しかった高度な技術で作られた偽造在留カードでも簡単に判別することができます。

弁護士監修就労可否判定

就労可否判定

就労可能かどうかを簡単にチェック!

在留資格種別や在留カードの有効期限の期間・資格外活動許可やビザ申請中のスタンプ情報、指定書の情報をもとに、アプリ上に提示される手順に沿って確認作業を行えるため、知識がない方でも簡単に就労可能かどうか正しく判定ができます。

弁護士法人Global HR Strategy 代表社員弁護士 杉田 昌平 氏

弁護士法人Global HR Strategy代表社員弁護士 杉田 昌平 氏 (会社HPはこちら)

アンダーソン・毛利・友常法律事務所、名古屋大学大学院法学研究科日本法教育研究センターベトナム(ハノイ法科 大学内)、ハノイ法科大学客員研究員等を経て現職。経済産業省「新しい担い手研究会」委員、厚生労働省委託事業 「ビルクリーニング分野における外国人材受入れ体制適正化調査」検討委員、ASSC=JICA「責任ある外国人労働者受 入れプラットフォーム」アドバイザー、一般社団法人外国人雇用協議会法律顧問をしており、外国人雇用を専門にしている。

在留カード情報自動テキスト化

在留カード情報自動テキスト化

在留カード情報をOCRで簡単にデータ化

複雑な名前やカード番号をワンクリックで自動的にテキスト化することで入力ミスや入力漏れを防止することができます。

法務省の番号失効情報サイトに直接アクセスして在留カード番号の有効性チェックも可能で、エビデンスもビザマネ上に保管、もしくはCSVデータとして出力しご利用中の基幹システムと連携することが可能です。

更新期限アラートの自動送信

更新期限アラートの自動送信

更新期限アラートを関係者に自動送信、回収確認ができていない従業員にも自動で後追いアラートを送信

在留カードの期限が切れる3ヶ月前から、自動で本社・事業所・外国人本人へアラートメールが自動配信されます。

更新された在留カードの写真のアップロードが確認されるまで1ヶ月ごと(期限1ヶ月未満になった場合は毎週)にアラートメールの自動配信が続くため、更新漏れのリスクを回避できます。

従業員情報や必要書類・誓約書のデジタル回収

従業員情報や必要書類・誓約書のデジタル回収

在留カード以外の書類の回収や、トラブル回避のための入管法遵守の誓約書の回収が可能

外国人自身で名前や電話番号などの必要事項を入力、在留カードの写真をアップロードすることで、直接面接などができない場合でも在留カードの情報や必須書類を回収、保管することができます。 また同時に、入管法を遵守する旨の誓約書のデジタルサインの回収も行えます。

多言語に対応しているので、日本語に不安のある外国人でも問題なく回収が可能です。

※学生証・パスポートの回収も可能です。

行政書類の自動作成

行政書類の自動作成

雇用状況届出書をワンクリックで作成可能

外国人の雇用、または離職の際には雇用状況届出書をハローワークへ必ず提出しなければいけません。 ビザマネではシステム上に保管されている情報をもとにワンクリックで届出書を出力することが可能です。

これにより総務担当者の工数の大幅削減、社労士への委託コストをカットすることができます。