介護留学生、初の2千人超【不法就労ニュース】

引用:一般社団法人共同通信社

国家資格の介護福祉士を養成する専門学校や大学に4月に入学した外国人留学生数は、初の2千人台となる2037人に上り、昨年から倍増したことが3日、公益社団法人「日本介護福祉士養成施設協会」(東京)の調査で分かった。日本人を含む全体の入学者数は6982人で3割近くを外国人が占めた。日本人は減少傾向が続く。

団塊世代全員が75歳以上の後期高齢者となる2025年には介護職約34万人が不足すると見込んでおり、政府は外国人労働者の受け入れ拡大政策を推進。その一環で17年9月に「介護」の在留資格が始まり、留学生が介護福祉士の資格を取得すれば日本で働けるようになった。

Comments are closed.