在留カードチェッカーの比較表

外国人労働者が増えている中、高品質の偽造在留カードも増えています。偽造在留カードを判別できるサービスを比較してみました。


※2021年1月7日追記
出入国在留管理庁の在留カード等読取アプリケーションが2020年12月25日にリリースされたので、比較表を更新しました。

偽造在留カードチェッカー

機能

ICチップ
情報読取

在留カード
情報の自動
テキスト化

CSV出力

端末

初期費用

月額料金

備考

ビザマネ (ウィルグループ) 詳しくはコチラ

ICチップ
情報読取

〇

在留カード
情報の自動
テキスト化

〇

CSV出力

〇

お持ちのスマホ
端末で利用可能

0円

0円 *1 *2

出入国在留管理庁の 提供アプリ

ICチップ
情報読取

〇

在留カード
情報の自動
テキスト化

×

CSV出力

×

お持ちのスマホ
端末で利用可能

0円

0円

特別永住者証明書の
読み取りも可能
(2021/01/07時点の確認情報)

サービスA

ICチップ
情報読取

〇

在留カード
情報の自動
テキスト化

×

CSV出力

×

指定端末のみで
利用可能

1端末あたり
60,000円

1端末あたり
6,000円/月

2020/10/25時点の
確認情報

サービスB

ICチップ
情報読取

〇

在留カード
情報の自動
テキスト化

〇

CSV出力

〇

指定端末のみで
利用可能

1端末あたり
200,000円

0円

2020/10/25時点の
確認情報

サービスC

ICチップ
情報読取

〇

在留カード
情報の自動
テキスト化

×

CSV出力

×

指定端末のみで
利用可能

290,000円

19,800円/月

2020/10/25時点の
確認情報

サービスD

ICチップ
情報読取

〇

在留カード
情報の自動
テキスト化

×

CSV出力

×

お持ちのスマホ
端末で利用可能

0円

1アカウントあたり
1,500円/月

2020/11/10時点の
確認情報

※1 過去偽造チェックした一覧表示機能をつける場合は1アカウントあたり5,000円/月(1アカウントで複数端末での利用も可能)
※2 情報テキスト化やCSV出力のご利用場合は、1従業員あたり400~500円/月

ビザマネの在留カードチェッカー

機能①

ICチップの有無/種類の確認ができる!

在留カード用ICチップの有無を確認し、偽造在留カードを判別します。

機能①
機能②

ICチップのデータと原本を確認できる!

読み取ったデータと原本を見比べることにより、在留カードに記載されている情報が、偽造されているかどうかを簡単に確認することができます。

機能②
アプリの詳しい情報はコチラ